宙フェス夜市について

「宙フェス」は2014年に京都嵐山で初開催し、今年で7年目を迎えます。
これまでの経緯を思い出してみると…2014年に京都嵐山で開催した第一回は、音楽がメインのイベントでした。

ステージを組んでバンドが順番に演奏するような、野外音楽フェスとして企画・実施しましたが、マーケットエリアにも宇宙をテーマにしたものが沢山集まる場にしたいと考え、クリエイターさんやフードメニューで星や宇宙をテーマに活動される方にお声がけして、「宙のマーケットエリア」を作りました。

つまり、第一回のマーケットエリアは音楽イベントのサブ的な役割だったわけです。ところがフタを開けてみれば、マーケットが大評判となり、マーケットエリアに人が溢れました。

今年は新型コロナウィルスの蔓延があり、一つの場所にたくさんの人達が集い交流する「マーケット」というものにとっては不遇の時となりました。しかし、逆説的ではありますが、「センス・オブ・ワンダー」を感じる場が今ほど必要とされたこともなかったように私たちには思えるのです。

そこで、トークショーをオンライン配信に、東京では限定的なリアルイベントを、そして、ECモール「宙フェス夜市」を立ち上げることに踏み切りました。

「宙フェス」に参加することで、孤独や不安を少しでも癒すことができれば…とくにこの「宙フェス夜市」に来て、本当の「宙フェス」のマーケットに遊びにきたような、ワクワクとした気持になってもらいたい…!

我々の思いを受けて、沢山のクリエイターの皆さんが集まってくださり、また昨年より宙フェスのメインビジュアルを手がけてくださる「はるまきごはん」さんがオンライン上に現れる「宙フェス夜市」の街を作って下さり…
オンラインにフシギなナイトマーケット「宙フェス夜市」が生まれました。

これからも「宙フェス」をどうぞよろしくお願いいたします!
上を向いて遊ぼう!!

宙フェス実行委員会

ショッピングカート