ソラギツネの新月通信/星を眺めたくなる本

ソラギツネの新月通信/星を眺めたくなる本

「宇宙・星」の棚に並んでいる本だけが宇宙の本ではないし、SF映画だけが科学の映画じゃないよね。本、映画、マンガ、ドラマなどのエンタメの中から、ボク、ソラギツネが宇宙を感じる作品を紹介するよ......どんなものにでも宇宙はひそんでいるのさ。

 

星を眺めたくなる本

「スティルライフ」(池澤夏樹)

池澤夏樹さんが1987年に発表した小説です。 その年の芥川賞を受賞しました。主人公の青年が、彼よりいくつか年上と思われる 佐々井と名乗る男と出会い、理科っぽい話をしながら、 ちょっと事件性を帯びた計画に巻き込まれていく、 そんなお話です。

池澤夏樹さんのこの小説で注目してほしいのは 冒頭にあるこんな部分。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界と、きみの中にある広い世界との間に連絡をつけること、一歩の距離をおいて並び立つ二つの世界の呼応と調和をはかることだ。  たとえば、星を見るとかして。

  二つの世界の呼応と調和がうまくいっていると、毎日を過ごすのはずっと楽になる。心の力を余計なことに使う必要がなくなる。  水の味がわかり、人を怒らせることが少なくなる。  星を正しく見るのはむずかしいが、上手になればそれだけの効果があるだろう。

[池澤夏樹(1991) スティルライフ 中公文庫]

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「星を正しく見る」ってなんでしょうか。
簡単に思えて、案外難しいように思います。 星座を知っていること、物理学に詳しいこと… いろんな正しいと思われる方法がありますが、実は子どもみたいな、あるいは原始人みたいな素直に受け入れる感覚で 空を見上げることだと教えられているような気がしました。 

 

 

→購入はコチラから

(宙フェス夜市編集部)

 

記事を読む

ソラギツネの新月通信/「宇宙のはてについて」感じる本

ソラギツネの新月通信/「宇宙のはてについて」感じる本

飛べないカラスの星空通信/皆既月食の楽しみ方

飛べないカラスの星空通信/皆既月食の楽しみ方

コメント

最初のコメントを残しませんか?
コメントは表示される前に承認される必要があります。

ショッピングカート