ソラギツネの新月通信/大切な夢を思い出せない時のような あの不思議な感覚 坂月さかな作品集「プラネタリウム・ゴースト・トラベル」

ソラギツネの新月通信/大切な夢を思い出せない時のような  あの不思議な感覚 坂月さかな作品集「プラネタリウム・ゴースト・トラベル」

「宇宙・星」の棚に並んでいる本だけが宇宙の本ではないし、SF映画だけが科学の映画じゃないよね。本、映画、マンガ、ドラマなどのエンタメの中から、ボク、ソラギツネが宇宙を感じる作品を紹介するよ......どんなものにでも宇宙はひそんでいるのさ。


大切な夢を思い出せない時のような あの不思議な感覚
坂月さかな作品集「プラネタリウム・ゴースト・トラベル」

坂月さかなさんは「ある宇宙の旅の記憶」をテーマに作品を作られているクリエイターで、今回ご紹介する『プラネタリウム・ゴースト・トラベル』は商業初作品集です。

作品は4部構成になっていて、第1部「星旅風景」はイラスト、第2部「不眠少年 月に行く」第4部「トビアスたちの旅」はイラストストーリー、第3部「星旅少年」は短編マンガです。

坂月さかなさんは様々な表現方法で「ある宇宙」の旅を描かれているのですが、作品を見たり、読んだりすることで得られる独特の浮遊感は、読む人の心を捉えて離さない独特の魅力があります。

例えば、たくさんの人々が生活しているような、主人公の他には誰一人いないような...。

話が用意されているような、今、この瞬間に現在進行形で作り上げられているような...。

読んでいる時はとてもリアルなのに、読後に振り返るとどこにもリアリティがないような...。

一番近いのは「明け方に見た、思い出せない夢」。

夢の中で知らない街に迷い込んだ時の、よるべない心細さと共にある、静かで満ち足りた、一人だけだったあの時間を思い出すのです。

だからでしょうか。
読み終わった後には、大切な夢をどうしても思い出せない時のような、不思議な感覚がじんわり残ります。透明な水で身体を満たされたような不思議な心地よさがあるこの作品。

もしご興味あれば一度手に取って見てはいかがでしょうか?
では、よい夜を。


「坂月さかな作品集 プラネタリウム・ゴースト・トラベル」
[著]坂月さかな
 パイ・インターナショナル (2021/4/22)
本体1,880円+税

(宙フェス夜市編集部)

 

記事を読む

ソラギツネの新月通信/「宇宙は手が届かないどこか切ない場所」 「はるまきごはん」のイラスト世界

ソラギツネの新月通信/「宇宙は手が届かないどこか切ない場所」 「はるまきごはん」のイラスト世界

ソラギツネの新月通信/木皿泉が描く日常の奇跡、暮らしを照らす宇宙

ソラギツネの新月通信/木皿泉が描く日常の奇跡、暮らしを照らす宇宙

コメント

最初のコメントを残しませんか?

ショッピングカート