ソラギツネの新月通信/「宇宙は手が届かないどこか切ない場所」 「はるまきごはん」のイラスト世界

ソラギツネの新月通信/「宇宙は手が届かないどこか切ない場所」 「はるまきごはん」のイラスト世界

「宇宙・星」の棚に並んでいる本だけが宇宙の本ではないし、SF映画だけが科学の映画じゃないよね。本、映画、マンガ、ドラマなどのエンタメの中から、ボク、ソラギツネが宇宙を感じる作品を紹介するよ......どんなものにでも宇宙はひそんでいるのさ。


宇宙は手が届かないどこか切ない場所
「はるまきごはん」のイラスト世界

インターネットの絡まったところにふわふわと漂うように浮かんでいる、「宙フェス夜市」の浮島。

宙フェス夜市のキービジュアルイラストをはじめ、イラスト全体を担当していただいているアーティスト「はるまきごはん」さん。
夜市の地図やソラギツネ&ツキガカリなどキャラクターイラストも彼の手によるものです。

 

ボカロPとして活動を開始したはるまきごはんさんは、自らボーカルをつとめるミュージシャンであり、イラスト&アニメーションをつくるアーティストでもあるという、多才すぎる方です。

宙フェスはその世界感に惚れ込み、2019年から宙フェスのイベントキービジュアルを担当していただいていますが、私たちが何より共感しているのは、彼の宇宙感なのかもしれません。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++
「ほしいけど届かない」ということをテーマにしたかったんですが、それって宇宙もそうじゃないですか。個人で行くことができない、とても遠くて届かない存在。

そんな宇宙の遠い感じと、僕が伝えたいテーマとがマッチしていたので、気持ちを乗せやすい題材として宇宙をテーマにしました。

宇宙の雰囲気って切なさとか、どこか手に届かない感じがあって。悲しかったり…静かだったり、何もなかったり。ウキウキするイメージの場所ではなくて、どこかせつない場所という感じで。

(「宙フェスのインタビュー「宙と生活」より抜粋2019.8.31)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちのすべてを包み込んでいるのに、はるか彼方にあって手に届かない場所のようにも感じる。広大でつかめそうでつかめない。
どこかせつない場所として存在し続ける「宇宙」。
だから人は今も昔も永遠に宇宙にあこがれ続けて、永遠の片思いは終わらないのかもしれません。

5には曲『第三の心臓』も公開され、彼だけの世界観を遺憾なく発揮されています。
今後の宙フェスとのコラボレーションもどうぞお楽しみに。

では、よい夜を。



はるまきごはんオフィシャルサイトは
コチラ
『第三の心臓』MVはコチラ

(宙フェス夜市編集部)

記事を読む

ソラギツネの新月通信/木皿泉が描く日常の奇跡、暮らしを照らす宇宙

ソラギツネの新月通信/木皿泉が描く日常の奇跡、暮らしを照らす宇宙

ソラギツネの新月通信/星を眺めたくなる本

ソラギツネの新月通信/星を眺めたくなる本

ソラギツネの新月通信/大切な夢を思い出せない時のような  あの不思議な感覚 坂月さかな作品集「プラネタリウム・ゴースト・トラベル」

ソラギツネの新月通信/大切な夢を思い出せない時のような あの不思議な感覚 坂月さかな作品集「プラネタリウム・ゴースト・トラベル」

コメント

最初のコメントを残しませんか?

ショッピングカート